*

【ダムカード香川県】千足ダム!ゲートを使わないシンプルさが大迫力のダムの魅力!

DSC_0016こんにちわ、しまです。

今回もダムカード巡りということで香川県東かがわ市、引田にあります“千足ダム”に行ってまいりました。
ここの見所とダムのスペックを紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

東讃では割と大柄な、千足ダム

全国には100m級のダムがたくさんありますが香川には存在しません。
大きさ(高さ、幅)で見ても早明浦ダムの2分の1、総貯水量にいたっては156分の1しかありません。

しかし東讃では第2位の大きさを誇り、小さいダムを見た後だとその迫力が伝わってくると思います。

千足ダムへ行きかた

千足ダム地図国道11号を東に、JR引田駅を過ぎて馬宿川を上っていきます(県道34号)
ダムってお遍路みたいに特別、看板が出てないのでマップを見ながらの移動になります。

道路標識が立っているので安心

DSC_0012どこまで行ったらいいんだろうという不安をかき消してくれるもの、それは『案内板』でしょう。
車のとおりも少なく快走道路です。

その大きさは感動級!

千足ダム表

スペック
  • 提高:41.4m(9位/16ダム中)
  • 提頂長さ:197m(6位/16ダム中)
  • 総貯水量:185万㎥(8位/16ダム中)
ダムの用途
  • F 洪水調節用
  • N 不特定用水、河川維持用水
  • W 上水道用水
駐車場
  • ダム管理事務所:有り(3~4台)
  • ダム下:無し(道狭い)

シンプルな形がまたかっこいい

DSC_0022前山ダムより3m高いこのダムは比較的新しく、1988年に完成しております。
こうして見ているだけで気分的にカメラを落としそうになりますね。

自然調節方式といってこのダムはローラーゲートを持っておらず、中央から常時流れており洪水の雨量に合わせて自動で流量を調節している方法。
ローラーゲートが使えないからといってデチューンではなさそう。土地に応じた造り方があるのですね。

下へ行く道は結構急

千足行きかた赤線がダム管理事務所へ行く道
緑線がダム下へ続く道

ダムのすぐ近くに管理事務所がないので少し探してしまいました。

バイクで行くほうが無難かもしれない

DSC_0019右へ降りればダム下に続きますが、この急な下り坂で先が見えません。
車で来られた方はあまり無理しないほうがよいかもしれません。

草ボーボーだが通れないことはないのです

DSC_0014こんなところを行こうと思う人はなかなかいないでしょうw
僕は何気に好奇心旺盛なのでどこにでも行っちゃいます。
一応工事車両も通っていた道なので車も通れます。(はず)

下からがダム本来の迫力を楽しめる

DSC_0018バイクならではの楽しみ方、それは機動力を生かして狭くても突っ込めるし切り返せること。
車ではいけないような場所まで余裕で行けてしまえます。
ダム巡りではいろんな場所から写真を取ってみたいですよね。

遠景から

DSC_0016D5300の望遠側で撮ってみました。やはりなんと言っても肉眼で見たほうがリアル感はありますが
こうして写真でしか味わえない迫力っていうのもありますね。
もう少し下に行きたかったけど時間がかかるのでやめました。

ダムカードをもらえる場所

DSC_0023上の地図の赤線をたどっていった先がここ、ダム管理事務所。
駐車場はありませんが中に外に、車を停められそうな場所ってどこにでもありそう。
こちらはインターホンがないのでノックして「ダムカードをもらいに来ました」と呪文のように言ってみましょう。DSC_0025千足ダム管理事務所

TEL:0879-33-3086
〒769-2906 香川県東かがわ市川股989

まとめ

千足ダム裏ここのダムはダム自体の大きさが魅力的で山奥にあるためアクセスは厳しいですがそれ以上に景色と構造物っていう対比や迫力を楽しめるのがいいところですね。
あと春には桜の名所といわれており、お花見スポットにもなっているらしいです。

僕は東讃のなかでは一番気に入ったダムかもしれません。
思わず何枚も写真を撮ってしまいました。一度訪れてみてはいかがでしょうか。

感動度★★★★☆(シンプルで大きいダムが大迫力)
難易度★★★★★(国道からも遠く道が狭く転回も難しい場所)

SPONSORED LINK

関連記事

四国カルスト

バイカーの聖地、四国カルストは“日本三大カルスト”の中で一番の●●●だった!400km日帰りソロツーリング

長距離日帰りソロツーリングもそろそろ大詰め! その3ということで今回はカルスト方面へ出発だ!(

記事を読む

eisei

うどんだけじゃない香川県!初めてでも満足できるおすすめ観光スポットの紹介

香川県で有名といえば、 そう「讃岐うどん」ですよね。 うどん県とも言われるくらいフューチャー

記事を読む

川口ダム

【ダムカード徳島県】川口ダム!緑の色違いカードとオリジナルグッズがもらえる発電用ダム

こんにちわ、紫摩(しま)です。 みなさんダムカード集めは順調でしょうか。 今回は徳島県の

記事を読む

忠左衛門 看板

おいしい小豆島カフェ【忠左衛門】レビュー!写真に残したいオススメのお店

こんにちわしまです。 小豆島でカフェをお探しの方、オシャレなオリーブカフェがありますよ。

記事を読む

DSC_0117

香川県『粟井神社』のアジサイがすごい!数が多くオススメの名所で花の撮影にピッタリな場所

こんにちわ紫摩(しま)です。 香川県の“あじさいスポット”はたくさんありますが、その中でも特に

記事を読む

DSC_0247

【ダムカード愛媛県】新宮ダム!赤いゲートが特徴的な秘境ダム!ツーリングが楽しい道を行く

こんにちわ、ダムツーリングが好きな紫摩(しま)です。 皆様ダムカード集めは順調ですか?

記事を読む

隼駅

鳥取県“隼駅”にバイクが集まる!ライダーの聖地、隣の売店情報と隼まつりの紹介

こんにちわ紫摩(しま)です! 隼(はやぶさ)って聞くと大抵の人は「鳥がどうした?」って思う

記事を読む

花ばたけ看板

香川県で海の見えるカフェ『花ばたけ』が綺麗すぎる!庄内半島の絶景を眺められるおしゃれなカフェ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は香川県の海が見えるカフェという事で、庄内半島にある『花ば

記事を読む

長柄ダム テンターゲート

【ダムカード香川県】長柄ダム!ラジアルゲートは香川でここだけ。総貯水量も第2位のダムってデカいの!?!

こんにちわ、しまです。 長柄ダムへ行ってきました。ここは次に紹介する田万ダムとの兄弟的なダムの兄貴

記事を読む

正木ダム

【ダムカード徳島県】正木ダム!真紅のラジアルゲートがカッコいい!ダムへの行き方がとにかく遠くて迷う

こんにちわ、紫摩(しま)です。 徳島県のダム巡り、今回は山奥に入っていきます。 この赤い

記事を読む

コメントを残す

KTM 内圧コントロールバルブ ブローバイホース VTR250
KTM内圧コントロールバルブ、VTR強制減圧での効果は?街乗り、スポーツ走行のインプレや取り付け方

こんにちわ、紫摩(しま)です。いつも皆様、見てくださってありがとう

ドルツ パナソニック 音波振動歯ブラシ
電動歯ブラシレビュー【パナソニックEW-DE55ドルツ】手磨きには戻れない理由!おすすめポイントと安いものとの違い

こんにちわ、紫摩(しま)です。 久々の商品レビューということで今

トライジムカーナ 2017 第2戦 坂出 香川
【トライジムカーナ2017第2戦レポート】20名超えの昇格者が出た猛暑の坂出大会!新連載コース攻略法やリザルトなど

こんにちわ、しま(紫摩)です。 2017年7月30日にジムカーナ

エーテック フェンダーレス VTR250
VTR250フェンダーレス化(エーテック)LEDテールランプ配線加工と取り付け方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回の商品レビューはVTR250

DSC_0410
簡易テント“カンタンタープ”のおすすめポイント!揃えておきたいオプションと商品レビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は簡易テント(タープ)の

バイク スプリング フロントフォーク
ハイパープロのスプリングに交換!競技と街乗りでの比較レビュー。VTR250で使ってみた評価はまずまず

こんにちは!紫摩(しま)です。 今回のレビューは『ハイパープ

バイク タイヤ交換 手組み タイヤレバー
【バイクのタイヤ交換】女性でも簡単にできるコツと手順!タイヤチェンジャーを使わない手組みの方法、準備物の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は『バイクのタイヤ交換』

才谷屋ファクトリー VTR250 インナーフェンダー 取り付け
【VTR250インナーフェンダー取り付け】才谷屋ファクトリーがおすすめ!ガルアームみたいなデザインがかっこよすぎる

こんにちわ紫摩です。 VTRのインナーフェンダー(リアフェンダー

トライジムカーナ2017第1戦
【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“

むち打ち 交通事故 対策 痛い
【むち打ちの症状】辛い、痛い、長引く!日常生活にも支障をきたす厄介な怪我

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今年に入って追突事故に遭ったと前

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    33人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑