*

【花火撮影のコツ】デジカメ設定と三脚で初心者でも綺麗に撮れる!人とは違う面白い写真の撮り方

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 カメラ、写真をメインの記事 , 撮影テクニック ,

花火撮影
こんにちわ紫摩(しま)です。

夏の風物詩、そう夏祭りの花火イベントです。
綺麗な花火を写真に残したいのになかなかパッとする写真が撮れない・・・

そんな理由と花火を綺麗に撮る方法をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

綺麗に花火を撮るための準備物

三脚 花火撮影
綺麗に撮るためのはそれなりの準備物が必要になってきます。

  • 三脚
  • フォーカスロックが使えるカメラ

最低限必要な物は上記の二点。

特に三脚がないと手ブレがひどすぎて始まりませんし、Mモードが付いていないカメラだと設定を任意に変更できません。

→(Amazon)三脚 商品一覧
→(楽天)三脚 商品一覧

どんなものでもいいので三脚は必ず揃えてください。

カメラ設定

  • 撮影モード:Mモード
  • シャッタースピード:バルブ、タイム
  • 絞り値:F4~8(撮影の構図にもよる)
  • ISO感度:最低値
  • AFモード:AF-Sで親指AF、もしくはマニュアルフォーカス

撮影の設定は基本的に前回紹介した『ホタル撮影』とすごく似ています。
ということは、夜景撮影の中でも比較的難易度が高い撮影という事になります。

関連記事:デジカメ初心者必見!ホタル撮影がうまくいかない理由と撮影のコツ|mysimasima

スマホやコンデジで撮る場合

スマホやコンデジではマニュアルモードやAFロックなどが付いていません。
そのため仕上がりが単調になってしまう傾向にありますが撮影できない事はありません。

  • 三脚は必須
    (ない場合は腕を物に当てて固定)
  • 撮影モードはフルオート
  • ISOは手ブレしない範囲で低い値に
    (3200ほど必要かもしれない)

カメラの設定を細かく変えられないので、花火の光跡などは生かせず、写し止める撮り方しかできません。
そのうえ、とにかく手ブレが最大の敵になりますので手持ちの場合はISO感度で調整してください。

花火撮影手順

花火撮影 広角
花火の撮影の手順を見ていきます。
一眼レフとコンデジではやり方が違いますのでそれぞれ紹介したいと思います。

一眼レフ
  1. 三脚に据えて構図を考える
  2. 花火が打ち上がったらピント調整
    (合わない場合はMFを使う)
  3. レリーズは「Bulb」で撮影
スマホ、コンデジ
  1. 三脚に据えて構図を考える
  2. 打ちあがったら花火でピントを合わせて撮影

スマホとコンデジの撮影手順が少ないのは、設定変更ができず普通に撮る程度しかできないため

花火撮影ではピント合わせが重要

花火 ピントずれ
花火撮影の一番難しいところは『ピントが合いづらい』という事。

オートフォーカスでピントが合わない場合はマニュアルフォーカス(MF)を使わなければいけません
事前にある程度の場所で置きピンして、最終的にマニュアルフォーカスで追い込みます。

絞り値をある程度絞ると綺麗に撮れる

絞るとシャープに撮れる
暗いので開放絞りを使いたいのですが、基本的に少し絞った方が背景も含めてきれいに撮れます。
シャープに撮れるF4くらい、構図によってF8~11まで使ってもいいかもしれません。

その分、光を取り込みにくくなるので長時間露光、ISO感度を少し上げるなどの調整が必要になってきます。

光跡を活かすならレリーズモードは『Bulb』

Bulb カメラ設定
シャッタースピードは基本的に5秒~10秒、それ以上で光跡を残した撮影ができます。

Bulb(バルブ)やTime(タイム)はシャッタースピードの設定で変更できます。
それぞれシャッタースピードを任意で決められる設定です。

  • Bulb:シャッターボタンを押している間、シャッターを開けておく
  • Time:一度シャッターボタンを押して再度押すまで、開けておく

ボタル撮影ではTime(タイム)の方を使いましたが、花火の撮影ではBulbで撮ります。
逆に写し止める場合は1/250秒など、高速シャッターで撮ると面白いかもしれません。

シャッタースピードを長く取ると露出オーバーに

露出オーバー 花火
ここで気を付けなければいけないのが、シャッタースピードと絞りの関係
シャッターを長く開けていると当然ながら光が大量に入ってきます。

明るすぎる写真、すなわち露出オーバーという仕上がりになってしまいますが、そんな時は絞り値を上げてF8~11程度(状況に合わせてそれ以上)に絞るといいかもしれません。

花火の開いたところを撮るだけでは面白くないので色々なシーンで撮ってみましょう

花火がきれいに撮れない理由

花火 手ブレ
※なんかこれはこれで面白い写真にはなりましたが・・・(Nikon1 J5で撮影)

スマホ片手に花火を撮るのも当たり前のようになってきていますが、実際スマホで綺麗に撮れた試しがありません。

その理由はいくつかあります。

  • スマホカメラのイメージセンサーサイズ
  • 手ブレ
  • ピントが合わない
  • ノイズ過多

パッと思いつくだけで上記のような原因が考えられます。

センサーサイズが小さいと綺麗に撮れない

スマホ 花火撮影
スマホをはじめ、一般的なコンデジではイメージセンサー(像を映す部分:受光面)の大きさが小さい為、暗い場所での撮影が非常に困難になります。

フルオートが『夜景』と判断すると、手ブレしないようなシャッタースピードになるまでISO感度(光の感度)を上げるので非常にノイジーな写真に仕上がります。

暗所でのピントが合わない

花火 ピントが合わない
スマホやコンデジの場合はフォーカスロックというピント位置を固定しておく機能が付いていないので、シャッターを切るタイミングで常にピントを合わすことになります

暗所でオートフォーカスが合いにくいので、小さく暗い花火は撮るのが難しいです。

まとめ

花火撮影
今回は花火撮影のコツという事でみてきました。

スマホやコンデジでは難易度が上がりますが、設定や撮り方を駆使すれば綺麗に撮れますので頑張ってみてください。

一眼レフや撮影モードを変更できるカメラなら花火撮影の幅が広がります
特にMモードなら明るすぎたり暗すぎても、簡単に調整ができるのでオススメ。(オートモードでは設定変更ができない事が多い)

  • 三脚を使う
  • Mモードを使う
  • F値をある程度絞って撮る
  • シャッタースピードで光跡の調節
  • ISOはできるだけ低くする

綺麗に撮るならやっぱり何と言っても三脚は絶対必要。
安いものでいいので、三脚を持って行くだけで見違えるように綺麗に撮れます。(手ブレしないのはデカい)

→(Amazon)三脚 商品一覧
→(楽天)三脚 商品一覧

失敗写真も実は貴重なお宝写真

花火 夏祭り
中どころで説明した『露出オーバー』をはじめ手ブレや失敗かと思われる写真も、うまく撮れば味になるのでどんどん撮って下さい。

綺麗に撮れない花火
「ここの花火はしょぼい…」なんて言って、自分が撮った迫力がない写真の言い訳にするのはよくない

綺麗に開いた花火を撮るのはもう“ありきたり”ですしみんな撮影しています。
もっと面白く撮るならあえて失敗するくらいの勢いでもいいかもしれませんね。

例外はありますが、ピントだけは確実に合わせてください

撮影での注意点

警察が巡回
注意点を上げるとすれば迷惑行為を慎むという事でしょうか。

花火の撮影では混雑が予想されます。
それだけトラブルなどのリスクが増えますので、周りの迷惑にならないように撮影しましょう。

  • 三脚で広々取らない
  • 路駐の注意
  • フラッシュを焚かない
  • 撮影の邪魔をしない

他の撮影者を邪魔しないというのは当たり前ですが、近隣の住宅街に迷惑がかかる行為はご法度。
こういう場所では警察の巡回もありますので注意して撮影を楽しんでくださいね。

綺麗に撮れる花火の撮影のコツでした!

SPONSORED LINK

関連記事

SLIK コンパクト2

安くて良い三脚を見つけた!SLIK(スリック)コンパクト2の商品レビュー

こんにちわしまです! 三脚ってブレずに写真を撮ろうと思ったら必需品といっても過言ではない機材で

記事を読む

ライトのセッティング

撮影ブースは簡単に自作できる!背景紙やライトを使って売れる商品写真に!

こんにちわ紫摩(しま)です! フィギュアやネット商品の写真を撮るときにもっときれいに見せられた

記事を読む

一眼レフ 保証書

ファインダーのゴミ清掃で“メーカー1年保証”は効くのか検証!一眼レフに入ったホコリのクリーニング

こんにちわ紫摩(しま)です。 一眼レフのファインダーを覗くと黒いホコリらしき影が映っている

記事を読む

DSC_0029

照明を使って写真をキレイに撮りたい!小物撮影用LEDライトをレビュー【アイリスオーヤマILW-45C】

こんにちわしまです。 今回のレビューは“小物撮影に使う照明”ということで、電気屋さんからホームセン

記事を読む

サブサンプリング

画像を高画質かつ軽くするリサイズ方法!JPEG設定で圧縮はどう変わるのかRalphaで比較

こんにちわしまです。 みなさんブログやネット上に画像をアップロードするときにリサイズってもう活

記事を読む

猫のアップ

ブロガー必見!【ピント合わせのコツ】綺麗だけじゃない、注目させる写真の撮り方

こんにちわ、しましまです。 綺麗な写真を撮る上で重要なこと、それは『ピント合わせ』がしっかり出

記事を読む

しまブロ モトブログ CBR125R

【紫摩のモトブログ】バイク動画を撮るならどのカメラがオススメ?ゴープロとアクションカム

こんにちわ、紫摩(しま)です! バイク車載動画は前から撮ってはいたものの、あまりぱっとしな

記事を読む

工場夜景3

【フリー素材・無料画像集】工場夜景が神秘的!文具、無機質シリーズ

こんにちわ、しまです! Nikon一眼レフD5300で撮った写真をフリー画像としてアップしてい

記事を読む

20141013_190033

“デジタル一眼レフvsビデオカメラvsスマホ”動画撮影の画質や音質はどう違うのか?気になる3種類を撮り比べして比較!

こんにちわ、しまです。 今回は”動画撮影の違い”ということで対極にある機種、一眼レフとビデオカメラ

記事を読む

DSC_0024

動物撮影でピントが合わない!その原因はカメラのAF設定かも?フォーカスモードの選び方と使い方

こんにちわ、しまです。 今回はカメラの設定、フォーカスモードについてのお話です。 動かな

記事を読む

タムロン 70-300 望遠レンズ ニコン
タムロン望遠レンズ70-300mm画質とAF速度レビュー!手ぶれ補正の性能は?安いレンズだが意外とおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 2本目のレンズ選びで候補に挙がってくるの

つな講習 ニーグリップ 上半身 操り方 乗り方
ジムカーナ『つな講習』とは。3つの基礎でうまくなる!初心者~中級トレーニング集(ライン取り・ニーグリップ・回転)の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は大見勝成選手が主催する

クリスタルガードプロ コーティング 自動車 ボディ
『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたい

グリースメイト KURE ベアリンググリス
ホイールベアリングのグリスアップのやり方!おすすめ万能グリスと使い方

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回はホイールベアリングのグリ

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
エイリアンっぽいX-14購入レビュー!OGKカブト(カムイ)とのデザイン比較とオススメポイント

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はヘルメットの購入レビュ

GearS2 ギアS2 スマートウォッチ
ギアS2長期使用レビューと評価(良いところ&悪いところ)スマートウォッチは着信通知がとにかく便利!

こんにちは!紫摩(しま)です。 以前紹介したGear(ギア)

回転GP ジムカーナ 練習 回転
ジムカーナ『回転GP』とは?やり方とシード選手参考タイムの紹介!コースの距離、練習の方法など。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの練習で”〇〇GP

VTR250 リアサス ナイトロン
VTR250リアサス交換と3種類比較!(純正、NSR用、ナイトロン)走りとセッティングの違い

こんにちわ、しまです。 VTR250でジムカーナを走っている

考え方 成功 部活 仕事 趣味 成長
努力だけじゃない!成功を掴むための2つのポイント!仕事や趣味で成長出来ないのはなぜ?

こんにちわ紫摩(しま)です。 仕事や趣味に関わらず、何事にも

VTR250 バンパー SSB 転倒 ジムカーナ
VTR250転倒対策にSSBバンパーをオススメする理由とジムカーナでの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの必需品としてバンパー

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑