*

安くて良い三脚を見つけた!SLIK(スリック)コンパクト2の商品レビュー

三脚 雲台こんにちわしまです!

三脚ってブレずに写真を撮ろうと思ったら必需品といっても過言ではない機材ですよね。
しかしいろんなメーカーがいろんな三脚を出していて高いものから安いものまでピンキリ・・・
悩む方も多いかと思われます。

ちょっとお恥ずかしいことに僕は今まで三脚を持っていなかったのです。
しいて言うなら100均一のミニ三脚・・
そこで安い三脚はどうなのか購入してみたのでそのレビューをしていきたいと思います。
※PCでご覧の方、今回は縦画像が多くなりますがご了承ください。

SPONSORED LINK

国産メーカー三脚 スリック

スリックコンパクト2三脚まず初めに、SLIK(スリック)とは国産三脚メーカーで有名ブランドのひとつ。
他にベルボン(日本)やマンフロット、ジッツォなどなど三脚業界は海外メーカーも多数。

カメラ女子にも人気の三脚がある!

http://www.slik.co.jp/4906752215395.jpg
そう!女性が求めやすくかわいらしいデザインを取り入れた安価なモデルから、ベテランをうならせるプロ仕様の三脚まで幅広いニーズに合わせて揃えているのがスリックをはじめ、日本メーカーの特徴でもあるのかもしれません。

スリック コンパクト2の仕様

三脚比較前置きが長くなりましたが“スリック コンパクト2”の紹介です。

これは定価¥6480という超お得なお値段(※楽天やアマゾンではもっと安い)にもかかわらず脚もしっかりしてそうな三脚というのが第一印象です。
今回買ったスリックのコンパクト2というのは旅行にも持っていけるコンパクトさをウリにした商品であります。

仕様・スペック

全高・・・・・800mm(最大990mm)
最小・・・・・360mm
重量・・・・・570g

若干小ぶりではありますが全然使えなくもないでしょう。
全高がセンターポールを伸ばしても最大990mmということで胸辺りか、お腹辺りにカメラが来る感じになります。
やはり三脚自体の背が低いとちょっとハンデはありますね。

脚の角度とロック機構

三脚の脚の部分脚の角度は変えられず広げるだけ。
というのも上級モデルは数段階に変えられたりロックできるのですが、これは画像の角度でいっぱいいっぱい。
まぁ特に不便でもないので良しとします。

脚のロック機構

三脚 脚のロック足は4段階に伸びますがそのロックをするのがこのレバー。
スピーディにねじるタイプもありますが、こちらはオーソドックスなレバータイプ。

ロックしたまま引っ張ってみたりしましたが意外なほどしっかりしていて一眼レフ+標準レンズを載せるくらいなら十分。
弱点は一個一個はずして作業しなければいけないので時間がかかること。

一気にロックをはずすコツ

三脚ロック2この“コンパクト2”はこうして右手で一気にロックを外すと一度に三つロックが外せる仕組みになっております。
微妙な水平を取ったり足場の高さに合わせて「3段目だけちょっと縮ませたい!」という時にもこのタイプのロックの方が微調整がやりやすく思います。

後は一気に脚を伸ばすだけ

脚伸ばし1そしてロックを開放すると脚の自重で全開まで伸びる!
・・と、思ったのですが、精度が悪く途中で引っかかるので、やっぱり手で引っ張り出さないといけませんね。

安いモデルなのに調整式センターポールを搭載

三脚 センターポールセンターポールとは高さを微調整できる機構です。

真ん中に見えるこちらの円盤状のロックをペットボトルのキャップ感覚で緩めるとセンターポールがフリーになり、無段階に調整できるというもの。これで800mm→990mmまで伸ばせます。
※伸ばさず使うのが基本の使い方ですが、これは背が低すぎて毎回全開で使用しています。

雲台とはカメラを乗せる台

三脚 雲台プラスチック製の台でカメラが当たる部分はゴム製となっております。
ここに関してはしっかりと固定できてよし。
三脚 水準器おまけ程度の水準器を装備。これで大まかな水平が分かるというものです。
しかしなぜこの位置についているのかが不明・・
見にくいという意味ではなく、これでは三脚の水平は出せても雲台自体の水平がわからないのでほとんど使い物になりません。

2weyタイプのレバーを採用

2wayとは前後、回転方向の二通りの動きが出来るタイプ。雲台レバー
3wayは、さらに左右方向の傾きを調整できます。

こちらの雲台、正直精度が悪いです。

プラスチックだからなのか根元の作りがあらいせいで微妙に水平が出ていないのです。
左右方向に傾けられない2wayなので、いちいち脚側で水平を出さないといけません・・

雲台のカスタマイズが出来る!

雲台そう、これは安いモデルでは珍しく雲台が取り外せるのです。
なので上位モデルの雲台のみが販売されていますのでそれに交換すれば作業効率も一気にアップするでしょう。
そういう使い方が出来るという点で見てもこの“スリック コンパクト2”は買いだと思います。

自由雲台


横のつまみを回すだけで前後、左右、水平方向に自由に構図をきめられるのでものすごく簡単でスピーディなタイプの雲台。こちらに変えてもいいかもしれません。スポーツ撮影などにおすすめ。

3way雲台

SH-8053ウェイ雲台【送料代引き手数料無料!】
高精度な構図を撮る場合はこちらのほうがおすすめ。風景や小物撮影にはいいかも。しかし僕はどん臭いのでなれるまでに時間がかかるかもしれません・・
→(楽天)スリック(SLIK) 雲台一覧

三脚に一眼レフを載せてみる

一眼レフを載せてみた
※写真が縦長なので縮小します。
一眼レフを載せてみましたが、このクラスでも脚はしっかりしており多少のことではブレません。
しいて言うなら、雲台の強度が低いのでそこでブレる感じです。

今までの三脚

ミニ三脚に一眼レフ2
こちらが今まで使っていた100均一のミニ三脚。雲台がボールヘッドなので一眼レフの重さに耐えられず下がってくるし脚はぐらぐらでいつ倒れるか分からない状態。
これに比べれば今回買ったコンパクト2とは雲泥の差ですね。

脚の太さ僕はボールヘッド(自由雲台)が好きなのでこういう三脚ばかり持っていましたが、やはり記念撮影や夜景撮影、小物撮影などに絶対必要になってくるので思い切って通常の三脚を買ったわけなのです。

意外にコンパクト

コンパクトな三脚最小サイズが360mmなのでバッグにも入れられるサイズで旅行や持ち運びに便利。
もっと小さいサイズ(240mm)で最大1500mmまで伸びる43Qという鬼のような三脚がベルボンにありますが、お値段も鬼のように高い。
→(楽天)ベルボン UT-43Q アルミ6段三脚

ホントはこれがほしかったのですがケチの性格が出ました・・

まとめ

ビデオカメラを載せてみたこちらの三脚のメリットを挙げますと

  • 安い
  • コンパクト
  • 脚が割としっかりしていてロックも問題ない
  • 雲台を交換できる

でしょう。安くてコンパクトな三脚では少々安定性に不満があるのは当然ですが、さすが日本製。
意外にしっかりしているといった感想です。
記念撮影や普通の風景撮影くらいではぜんぜん問題ありません。

しかしデメリットもあります。

  • 雲台の制度が最低
  • 高さが中途半端

本格的なプロ使用の三脚には到底及びませんがこの程度のデメリットなら工夫次第で何とでもなりそうですね。
これからカメラを始めようとお考えで持ち運びにも苦労したく無い、しかし安いのがいい!というワガママを叶えてくれそうな一本目におすすめな三脚を見つけましたのでレビューといたしました。

→(楽天)SLIK(スリック)コンパクト2 商品一覧
→(アマゾン)SLIK 三脚 コンパクト II 旅行用三脚

関連記事

カメラ初心者がニコンD5300の一眼レフを購入!使ってみてわかった良いところ、悪いところ
皆既月食を一眼レフD5300とハンディカムとスマホで撮影してみた!デジカメもスマホも意外に撮れちゃう!?

SPONSORED LINK

関連記事

lb_pearl_white

続!OGKカブト『カムイ』の各カテゴリー別レビュー 使ってみての感想

以前、購入時に紹介ブログ(こちら)を書きましたが、今回は使用感なんかを書いていこうかなと思います。

記事を読む

花の撮り方

【花の撮影方法】うまく逆光を使えば初心者でも綺麗に撮れる!デジカメの設定やコツの紹介

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回は花の撮影という事で、どのように撮れば綺麗に見えるのかち

記事を読む

夜のLEDポジション点灯

CBR125Rポジションランプ交換方法!ミラリードLEDウエッジ球(9000K)の明るさや見た目をレビュー

こんにちわCBR125R乗りのしまです。 手っ取り早く愛車をかっこよくドレスアップできるカスタ

記事を読む

食器乾燥機4

【食中毒対策】小型の食器乾燥機のオススメ”象印EY-GA50”レビュー!サイズと通販価格も併せて紹介!

こんにちわ、しまです。 ブログのドメインが失効しちゃうのかと落ち込んでいましたがなんとか無事に

記事を読む

スマホカメラ

デジカメに勝てる!スマホカメラで綺麗な写真が撮れる4つのコツ!一眼レフユーザーがオススメする撮り方

こんにちわ紫摩(しま)です。 皆さんは写真はスマホ派ですか?デジカメ派ですか? 『スマホ

記事を読む

カメラ小道具 アイテム

【デジカメおすすめアクセサリー4選】カメラと一緒に買ったほうがいい物と選び方! 

こんにちわ紫摩(しま)です。 デジカメを購入する時、その他のオプションやアクセサリー類など

記事を読む

BTマルチインターフォン

【BTマルチインターフォンの性能】通信可能距離と音質がすごい!ツーリング時に検証してみたぞ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 前回、安いインカム購入という事で【BTマルチインターフォン

記事を読む

DSC_0314

【フリー素材・無料画像集】動物写真!ネコのしぐさから顔のアップなど

こんにちわ、しまです。 だいぶ日が空きましたが無料画像集のアップです。 写真を撮ってただファ

記事を読む

DSC_0711

【ツーリングでもレーシングブーツ】SIDI ST(Air)のインプレ!甲高で履きやすくてバイク初心者、ジムカーナにもおすすめ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回のレビューは、SIDIのSTAir(エアー)っていうレ

記事を読む

DSC_0456

皆既月食を一眼レフD5300とハンディカムとスマホで撮影してみた!ビデオカメラもデジカメも意外に撮れちゃう!?

こんにちわ、しまです。 2014年10月8日、皆既月食が日本から見られるということで慌ててカメラを

記事を読む

コメントを残す

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会
【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりま

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク
41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気

VTR250 点火時期 進角化
【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を

バイク用スプリングコンプレッサー
バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコ

タンク ニーグリップパッド 自作 スポンジ VTR250
VTR250のニーグリップパッドを自作!スポンジを使った作り方と走りの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTR250に乗り始めて一番

バイク ホイールベアリング 交換 プーラー
VTR250ベアリング交換方法(ホイール、ステム、スイングアーム)手順と必要な工具の紹介!

こんにちわ、紫摩です。 素人整備、第2弾?第3段?という事で今回

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『購読』で、
    更新情報の通知

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑