*

塩江ふじかわ牧場へLINEグループツーリング!途中で緊急避難指示!?その原因とは?

こんにちわしまです。
今日はバイクのツーリングに参加してきましたので綴っていきたいと思います。

SPONSORED LINK

高松空港で待ち合わせ・・・の前に

DSC00877

11:00に待ち合わせしているのだが、気が早い僕は10:30には現地に着いた。
早く着いたので暇・・・ではない。小さいことからでもブログネタ集めに必死なのだw
高松空港は大型旅客機だけが飛んでいるのではない。小型セスナもたくさん飛んでいた。

DSC00879

ぶは、こちらは「こどもの国」なのだが、休日にはこの混みよう。
たくさんの家族連れで賑わっている。
DSC00881

一眼レフでは味わえないような光学55倍ズームの威力がこちら。スナイパーライフルみたいなレンズを持っていかなくてもビデオカメラならバッチリ。

参加メンバー

DSC00895

ケーさん
カワサキのTR250にお乗りでツーリングでも乗りやすそうなマシン。フロント19インチでオフ車とクラシックを混ぜたようなオシャレに乗るのに適していそう。

DSC00898

ヤスミさん
この6月に買ったばかりのホンダCBR125R。まだまだピカピカで羨ましい。昔からCBRが好きで念願の初バイクだそう。

DSC00897

テンチョーさん
カワサキNinja1000に乗られていてリッターバイクはものすごい存在感がある。やはりカッコイイ!
長距離は楽勝なんだろうなぁ。僕が乗るとすぐ倒してしまうだろう。

DSC00896

おーちゃんさん
スズキの名車GZ125。今日はタンデムですごく楽しそうだ。インカムで会話も羨ましいわ!
このマシンはツーリングに特化しているのは見てお分かりだろう。純正なのである。

DSC00899

最後に僕のCBR125R。うーん、荷物の留め方がダサい。しかし背負って乗るのは嫌いなのでこの方法で今のところは我慢している。DSC00888

気づいたのだが、同じ車体で同じ年式、しかも同じモデルのヘルメットの組み合わせってすごい・・・
いや、合わせたのではない。なかなかこんなことってあるのだろうか

しおのえふじかわ牧場に

DSC00890

いやー、今日は天気が本当に怪しい。
週間天気では雨予報だったのだが、晴れ男か晴れ女かわからないが雨は降らず
日差しも弱く適度な気温で快適な天気に。
さて雨が降らないうちに次へ行こうか。

DSC00900

試乗会!?いえいえ、足つきを確認しているだけ。もっとじっくり見たかったぞー
DSC00901

さてここから約3キロの道のり。時間で言うと15分もあれば着いてしまう距離。
少し物足りないといえばそうなのだが、あまり無理をしてもいけない。

それもそう、今日はとにかく雲行きが怪しいのだ。と、思っていたら案の定が降ってきた。
まぁ、軽くポツポツといったところか。カッパを着込むほどではないな。

バイクでのツーリングは僕にとっては初めてなので少々戸惑いながら目的地まで来た。
DSC00903

ふじかわ牧場に着くとたくさんの家族連れの方で賑わっていた。世間はまだ夏休み中だ。
最後の週ということで追い込みに入っているのだろう。

駐車場はそんなに広くはない。たくさん車が停まっていたのだがバイクは狭いところにでも詰めて駐車できるところが魅力だね。

DSC00913DSC00909

 

ここでは餌を与えて動物と触れ合うこともできる。人にはもう慣れているのか、結構おとなしい。
あと、ヤギとうさぎと、でっかい馬と、、、牛もいたなぁ。

名物ふじかわ牧場のソフトクリーム

DSC00910

ジョッキ牛乳っていうのが気になるが、僕は牛乳があまり好きな方ではない。挽きたてコーヒーもいいがやっぱりソフトクリームっしょ!DSC00911

さて本場の搾りたての牛乳で作ったソフトクリームのお味は・・・牛乳嫌いなので少々迷ったがそれは誤解というものだった。ものすごくあっさりで美味しい!

かき氷を頼んだグループは間食できず断念してしまった。僕はお腹壊してもいけないからやめておこうw
排気量で長距離は疲れないのかどうなのかという話題になり、125ccは高速に乗れないことがものすごくデメリットに感じてしまった瞬間だった。
DSC00912

ここは山の中にあるので自然との調和がすごくいい。牧場というほど広大ではないが、訪れるには十分な魅力が詰まっている。将来子供と来てみたい場所である。

DSC00907

小一時間ゆっくりして次はどこへ行こうという話になり・・・
まぁ時間もあるし宇多津の瀬戸大橋記念公園までツーリングとなった。

雨予報だったが、天気も晴れてくれて最高の一日になってくれた。これも日頃の行いがいいからだね!

ここでテンチョーさんはお仕事のため解散。ということでここからは4台でツーリング。

ここにきて突然の雨!?

マップを広げ次の目的地、瀬戸大橋記念公園への道のりを確認する。

国道377号→国道32号→国道438号という流れ。
途中までは僕が先導することになったが来た道を帰るだけなのであまり意味はない。

山を下っているとポツポツと大粒の雨が少し降ってきた。
まぁカッパを着るほどではない。しかし西の空が真っ暗・・・

しま「雨大丈夫っすかー!?」
おーc「こんくらいだったら全然余裕よ!」

小雨で少々濡れたがみんな大丈夫そうなのでそのままバイク走らせる。

DSC00919

ザァーーーーーーーー!!!

なんと前が見えないくらいの雨が突然降ってきたのだ。
“バケツをひっくり返した”とか“滝のような”といった表現をすることもあるが、まさにそんなような雨。

寒いという以前にどこか避難できる場所はないか必死で探す。
やはりいい場所なんてないものだ。

と、偶然にも資材置き場を発見ー!!これはマジで助かった。

DSC00915DSC00918

身の危険を感じたため一時避難。
僕はカッパもタオルも持ってきていたので大丈夫だったが、ずぶ濡れになったみんなは風邪をひかないか心配でならない。
まぁ少し休憩がてらバイク話に花を咲かせる。グローブがグチョグチョになってしまった。
そんな時テンチョーさんからLINEグループに「雨ですが大丈夫ですか!?」とのコメントが。

避難してます、大丈夫ですと返してしばらくすると雨も上がった♪

お腹がすいたのでジョイフルミーティング

DSC00922

国道を軽快に走ってはいたものの、やはりお腹が減ってきた。
お得意のJM(ジョイフルミーティング)のお時間だ。

DSC00921

日差しが届いてくれて少しばかりジャケットも乾いてくれた。さっきの雨は一体なんだったんだ・・・
ゲリラ豪雨と呼ぼうか。

みなさんのバイク事情、プライベート事情、人見知りな僕は悩んでいた。「うまく話せるだろうか。」
しかし初対面だが気軽に話せて良かった。

瀬戸大橋記念公園

DSC00924

ジョイフルからものの数分でついてしまう。
駐車場がここでよかったのだろうか?意外に車の多さに少々戸惑う。

天気も回復してくれたので、まぁよしとしよう。
なんなら少々暑いくらいにまで天気が良くなった。
公園では子供がたくさん遊んでいた。水遊び、ボール遊び、ジャングルジム遊び。楽しそうー!DSC00925

これといってやることはないのだが、ブログネタのためになんか探さなければならない。
そう言って焦っているのは僕自身だけである。
なんとこんな街中にも洞窟があるらしい、との噂を聞きつけ早速取材に行ってみることに。

DSC00930

ターンタラッターン!このBGMにのせていざ洞窟へ!DSC00931

 

おーちゃん隊員、健闘を祈る!DSC00933

入口に入るとすぐ出口が見えているww
なんじゃこりゃ。実はただの通路だったのだ・・・いいネタになったwDSC00934

ライブもやっていました。
いや、ライブというほどではないが、ギターはうまかった。僕もギターは弾くので技術の高さはすぐにわかった。
まぁそんな観点で見ているのは僕だけだろうw
クラシックギターでピックアップ内蔵というと結構高級モデルかもしれない。

DSC00935 DSC00936さてぐるっと一周したところで時間も押してきた。
なので今回はここで解散することに。

今回初めてグループのツーリングに参加させてもらったのだが結構楽しかった。
やはり一人で走るソロツーリングも気兼ねなく走れて楽しいが、数人で走るのも意見を共有できるのでいろいろ勉強になる。

次はもっと遠出もしてみたいし、みんなのバイクに対する意見やウェアの着こなしなど話もしてみたかったが、
初めてということもあり緊張してしまったOrz
同じCBR乗りの方や見たこともないバイクが見れたので僕は大満足であった。

DSC00938帰りはなぜだかものすごくウトウトしてしまい交通量の多い国道11号で危うく事故してしまいそうだったので
コンビニで一服がてらカフェオレ。

カルストまで行ったシビちゃんにとっては少しばかりのお出かけであった。

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

マフラー

【CBR125Rインプレ】エンジンパワーや加速感など運動性能のレビュー

こんにちわしまです。 CBR125Rの外装からデザインを写真で細かく紹介していますが、エンジン

記事を読む

原付二種ステッカー

原付50ccを二種登録する方法と注意点!ボアアップで黄色ナンバーにするための手続きを詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 50ccの原付を二種登録すればうっとおしい3大縛りから解放

記事を読む

マフラー交換

バイクのマフラー交換で絶対失敗しない方法と必要な物!CBR125RとWR’Sマフラーで取り付け手順の紹介

こんにちは、紫摩(しま)です。 今回CBR125R用のマフラーということでWR'S(ダブル

記事を読む

トライジムカーナ第3戦 VTR250

しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレストアやら整備やら始めて早3か月

記事を読む

エーテック フェンダーレス VTR250

VTR250フェンダーレス化(エーテック)LEDテールランプ配線加工と取り付け方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回の商品レビューはVTR250用のフェンダーレスキットの取り

記事を読む

DSC_0821_01

仕事や普段靴に!エルフシンテーゼ13を購入。ローカットモデルの履きやすいバイクシューズ 

こんにちわしまです。 前回エルフのシンテーゼ14のレビューをしましたが、本格的過ぎて足が痛くな

記事を読む

CBR125Rテールランプ3アイキャッチ

【バイクのストップランプ調整方法】CBR125Rのブレーキランプがつかない!?

こんにちわCBR125R乗りのしまです。 みなさんリアブレーキランプの点灯調整ってやっていますか?

記事を読む

2018グロム

【新型MSX125価格】2018年グロムとの違いは?JC61後期カラーリング比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2016年以降のモデル、いわゆる“新型グロム”の海外版、M

記事を読む

DSC_0041

【ダムカード香川県】大川ダム!珍しい、唯一改名された旧“砕石ダム”の由来とは

こんにちわしまです! 今回もしつこくダムカード巡りと言うことでお付き合いいただきたいと思っています

記事を読む

L_cbr400rr_1993

【CBR400RR(NC29)レストア】其1:初見。オーバーホールで復活させる!(ブレーキ、キャブ)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ある日、知り合いからCBR400RR買う人いない?と聞かれ

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

ゲイルスピード ラジアルマスター ハイスロ
VTR250ラジアルマスターに交換【ゲイルスピード】レビュー!ブレーキの効きもよくなったぞ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRをジムカーナ使用に作っ

PEZ_2076_TP_V4
総務省の『郵便配達の土曜日休み』はデメリットばかり!人件費と仕事の負担が増える

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ニュースで聴いた方も多いと思いま

RX-03スペックR バイク タイヤ
バイアス ハイグリップRX-03スペックRインプレ(ウェットグリップ)雨天でもタイムアップを見込めるタイヤ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイアスタイヤってどうなの?

Green15_jyougi20141123165428_TP_V4
【パワハラの事例、体験談】ブラック企業の実態!鬱になる前に3つの対策を教えます。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ブラック企業やパワハラがまだ

2018グロム
【新型MSX125価格】2018年グロムとの違いは?JC61後期カラーリング比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2016年以降のモデル、いわ

VTR ブレーキ キャリパー
VTR250ブレーキ周りカスタム(4PODキャリパー、パッド、マスターシリンダー考察)制動力とコントロール性

こんにちわ、紫摩(紫摩)です。 ジムカーナ用のVTRのカスタ

ookawa422IMGL8109_TP_V4
尾畠春夫さんの真似はできない!断れる人と断れない人の違い。ボランティア精神は自分のためにはならない

こんにちわ、紫摩(しま)です。 人が困っていると助けたくなる

レイダウンキット Conposimo
新型グロム(JC61後期)足つき対策ローダウン化!Composimoレイダウンリンク取り付け

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日、妻専用のバイクとして新

アンカー モバイルバッテリー
スマホがモバイルバッテリーで充電できない!?原因と対処法。災害時にオススメの急速バッテリーの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 旅先でスマホの電池が少なくな

台風対策 バイク ベルト
【バイクの台風対策】転倒防止の固定方法は?ラッシングベルト(タイダウンベルト)がおすすめ!

こんにちわ、紫摩です。 台風、年々直撃個数が増えているような気が

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    35人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑