*

CBR125Rに似ている小排気量スポーツバイクのスペックを比較!(YZF-R125、デューク125、RS125、NSR50/80)

公開日: : バイク


80~90年代はレーサーレプリカと呼ばれるスポーツバイクが主流だった。
250ccの軽量、小排気量で回して走るバイクが多かった。

時は経ち、排ガス規制のあおりを受け2stから4stエンジンへ移行。
排気量も1000ccになり高トルクで低回転から速いスーパースポーツが出てきた。

SPONSORED LINK

小排気量スポーツバイク

大排気量だけがスポーツバイクではない。
小排気量でもレーサーレプリカやSSのスタイリングのバイクはたくさんある。
一部ではあるが、その紹介をしていこうと思う。

YAMAHA YZF-R125

モデル名:YZF-R125 
全長:2,015mm 
全幅:660mm 
全高:1,065mm 
シート高:818mm
乾燥重量:124.2kg 

種類:4スト・水冷・SOHC4バルブ・単気筒 
総排気量:124.6cc 
内径×行程(mm):52.0×58.6 
圧縮比:11.20 
最高出力:15PS/9,000rpm
最大トルク:1.25kg-m/8,000rpm

 

スタイリングはYZF-R6を彷彿させるようなシャープなデザインがカッコイイ。
この外観が好きで購入を検討する人も多いと思う。
実際僕もCBR125Rを買う前にこのYZF-R125を検討していたのも事実。

シート高が最近のバイクらしく高く、足つきはあまりよくない。
非常に前傾姿勢でスパルタンなライディングポジションになる。

ブレーキもブレンボ製でその他いろんな部分に特別な仕様が施されている高性能バイク。値段が45万~と非常に高いのでその点だけが悩みかもしれない。しかしそれを補っておまけが来るくらい満足度が高いバイクだと言えそう。
⇒(楽天)POSH アルマックス YZF125R 08用 エアロマックス スクリーン

KTM デューク125

■主要スペック

型式
全長(mm) 2029 全幅(mm) 836
全高(mm) 1267 ホイールベース(mm) 1367±15
シート高(mm) 800 最低地上高(mm) 170
乾燥重量(kg) 127 総重量(kg)
サスペンション形式(前) テレスコピック サスペンション形式(後) スイングアーム
キャスター角 65° トレール(mm)
ブレーキ形式(前) ディスク ブレーキ形式(後) ディスク
タイヤサイズ(前) 110/70R17 タイヤサイズ(後) 150/60R17

■エンジン・トランスミッション

エンジン型式 エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量 124.7 圧縮比(:1) 12.8
ボア(mm) 58 ストローク(mm) 47.2
最高出力(kW/rpm) 11.3(15PS)/10500 最大トルク(N・m/rpm) 12/8000
始動方式 セル 点火方式
クラッチ形式 湿式多板 変速機形式 6段リターン
燃料供給方式 インジェクション 潤滑方式 圧送
燃料タンク容量(L) 11 燃料消費率(km/L)

■カラー・価格

カラーバリエーション
メーカー小売価格
¥504,000 ホワイト¥504,000 オレンジ

デューク125はスーパースポーツのジャンルではないが、ハーフカウルネイキッドでパワーも装備もスペック自体はほかの小排気量を圧倒している。やはり外車は尖った性能が目立つ。
価格も50万~と非常に高価なのでなかなか手が出せないのも事実だが、これはノーマルで乗っても十分すぎるがいろんなカスタムしても個性が強く楽しそうなバイクだ。

一番のネックな点が輸入バイクなので部品の仕入れに時間がかかってしまうということ。
しかしチューニングパーツは各メーカーからたくさん揃っているみたいだ。
⇒(楽天)KTM DUKE200/125 オーリンズ リアショック

アプリリア RS125

TECHNICAL SPECIFICATIONS
エンジン 単気筒2ストロークエンジン
総排気量 124.8 cm3
ボアxストローク 54 x 54.5 mm
圧縮比 12.50±5 : 1
最高出力 NA
最大トルク NA
始動方式 セルフスターター方式
燃料供給方式 デロルト PHBH28
トランスミッション 6速リターン
クラッチ形式 湿式多板
潤滑方式 分離潤滑式
冷却方式 水冷
フレーム型式 アルミ合金、強化ボックスセクション、ツインスパーフレーム
サスペンション 前:φ40 mm倒立フォーク
後:ハイドリックモノショック
ホイール 前:3.00 x 17
後:4.00 x 17
タイヤ 前:110/70 17
後:150/60 17
ブレーキシステム 前:φ320 mm ディスク 4ピストンラジアルマウントキャリパー
後:φ220 mm ディスク 2ピストンキャリパー
全長 1,955 mm
全幅 720 mm
全高 1,100 mm
ホイールベース 1,345 mm
燃料タンク容量 14 Lit(3.5Litリザーブ)
メーカー希望小売価格 RS125 ¥549,000-
スペインズNo.1 ¥589,000-
カラーバリエーション スペインズNo.1仕様 / アプリリアブラック / フルオレッド

このバイクは現在でも2stが新車で買えるモデル。非常に尖った性能を持っており、125ccでは抜群に速い。
15馬力を発生するらしいが、エンジン構造が違うので4stと比べられない。
デザインもスパルタンでレーシングスペックなので普段乗りではかなりきつそうな印象。
これで通勤するのはちょっと勇気が必要になりそうだ。

NSR50/NSR80

 

主要諸元

NSR50 NSR80
型式 A-AC10 HC60
全長(m) 1.580 1.580
全幅(m) 0.625 0.625
全高(m) 0.935 0.935
軸距(m) 1.085 1.080
最低地上高(m) 0.105 0.105
シート高(m) 0.665 0.665
車両重量(kg) 86 87
乾燥重量(kg) 77 78
乗車定員(人) 1 1
燃費(km/L) 58.7(30km/h定地走行テスト値) 41.0(50km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 2.4 2.4
エンジン型式 AC08E(水冷・2サイクル・単気筒) HC04E(水冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3) 49 79
内径×行程(mm) 39.0×41.4 49.5×41.4
圧縮比 7.2 7.1
最高出力(PS/rpm) 7.2/10,000 12/10,000
最大トルク(kgm/rpm) 0.65/7,500 0.97/8,000
始動方式 キック式 キック式
点火装置形式 CDI式マグネット点火 CDI式マグネット点火
潤滑方式 分離潤滑式 分離潤滑式
潤滑油容量(L) 1.1 1.1
燃料タンク容量(L) 7.5 7.5
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.166 3.166
2速 2.062 2.062
3速 1.500 1.500
4速 1.173 1.173
5速 1.000 1.041
6速 0.884 0.923
減速比(1次/2次) 4.117/3.000 4.117/2.187
キャスタ(度)/トレール(mm) 25°00′/70 25°00′/70
タイヤサイズ 100/90-12 48J 100/90-12 48J
120/80-12 54J 120/80-12 54J
ブレーキ形式 油圧式ディスク(2ポットキャリバー) 油圧式ディスク(2ポットキャリバー)
油圧式ディスク 油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式 テレスコピック式
スイングアーム式 スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド(ツインチューブ) ダイヤモンド(ツインチューブ)

このバイクはNSR250のミニサイズモデルで通称“Nチビ”とも言われる。
今でも非常に人気のバイクで当時の価格より下がってないどころかむしろプレミアがつくほど。
NSR50は50ccの原付ながら非常に高回転まで回る2stエンジンと軽い車体のおかげで激的な加速をする。カスタムすれば軽く100km/hはでるらしい。
走っても楽しい、いじっても楽しい、ライダー心をくすぐるモデルだ。

当然ながらハードな使い方を強いられる車体がゆえに、中古車市場でもいい程度の車両を見つけるのは困難で見つけたとしても相当高額な価格になってしまう。
これを所有している人が羨ましい限りだ。

⇒(楽天)【NSR50】ボアアップキット 46.0mm 68.8cc【送料無料】
⇒(楽天)NSR50(87-99)用 エアロシャークフェンダー(シロ)

まとめ

ホンの少ししか紹介できなかったが、いかがだっただろうか?
小排気量でもスポーツバイクはたくさんある。しかし、時代は変わってバイク需要も減りつつあるが、やはり趣味の乗り物というカテゴリーでスポーツバイクというのはやはり花形!まだまだ廃れていって欲しくないものだ。
リッターバイクや大型バイクもいいが、小型バイクも遊んで楽しいということにおいては負けていない気がする。

SPONSORED LINK

関連記事

cbr250R 速さ 加速 ツーリング

250ccって遅い?楽しさの半分も知らずに飽きたとか言うな!大型バイクに乗り換える人が多い中途半端な排気量

こんにちわ、紫摩(しま)です。 僕はいろんなツーリンググループに参加させていただいて愛車の

記事を読む

レミックスハロゲンバルブ

暗いバイクのヘッドライト…ワット数の高いハロゲンバルブに交換!レミックス5300Kバルブレビュー

こんにちわ、DIY好きのしまです。 今回は前回の『ヘッドライト交換方法』に続きまして、今回はレ

記事を読む

マフラー交換

バイクのマフラー交換で絶対失敗しない方法と必要な物!CBR125RとWR’Sマフラーで取り付け手順の紹介

こんにちは、紫摩(しま)です。 今回CBR125R用のマフラーということでWR'S(ダブル

記事を読む

no image

【50ccツーリング詳細】小豆島観光へは原付がおすすめ!オリーブの島へジョルノとジョグがゆく(サルのハグ動画アリ)

  小豆島ツーリング 今回はちょっと遠出の香川県は小豆島へ。小豆島ツーの予定のブログにも書いてた通

記事を読む

VTR250 ジムカーナ スタンド

メンテナンスリアスタンドは必須!?バイクのチェーン注油で苦労している人必見! 

こんにちわしまです! 今日は僕が使っているメンテナンススタンド、バイク用リアスタンドを紹介

記事を読む

DSC_0079

霊場八十八ヶ所ツーリング第12番札所、焼山寺へ!一番の難所と言われているお寺では杉の巨木が神秘的でした。

こんにちわ、しまです。 今回はソロツーリングをしようということで四国霊場12番札所の焼山寺へ行って

記事を読む

バイク 排気量 違い 速い 遅い

Mjバイク主催!サンリゾート仁尾にて“うつらん会”という撮影イベントに参加して来た!

こんにちわ、しまです。 今回のLINEツーリングオフは、香川県の仁尾町にある“サンリゾート仁尾

記事を読む

TT900GP CBR125R

【CBR125Rタイヤ交換】RX01からTT900へ!ツーリングタイヤとのグリップ力の違いと暖まりやすさ

こんにちわ紫摩です。 今回愛車のCBR125Rのタイヤ交換をしに高松のイワサキまで行ってき

記事を読む

スロットルアシスト

【スロットルアシストの使い方と選び方】ツーリングにおすすめのバイクグッズのレビュー

こんにちわ、バイク好きの紫摩(しま)です。 ツーリングに便利なバイクパーツ、その名も「スロット

記事を読む

DSC_0152

バイク乗りの宿命!?右手にできる豆の原因はスロットルの捻り方だった。グローブ選びで痛みが緩和できるのか?

こんにちわしまです。♫ 僕は毎日バイクに乗っているのですが、カブ110のスロットルが固くて無理

記事を読む

コメントを残す

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会
【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりま

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク
41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気

VTR250 点火時期 進角化
【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を

バイク用スプリングコンプレッサー
バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコ

タンク ニーグリップパッド 自作 スポンジ VTR250
VTR250のニーグリップパッドを自作!スポンジを使った作り方と走りの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTR250に乗り始めて一番

バイク ホイールベアリング 交換 プーラー
VTR250ベアリング交換方法(ホイール、ステム、スイングアーム)手順と必要な工具の紹介!

こんにちわ、紫摩です。 素人整備、第2弾?第3段?という事で今回

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『購読』で、
    更新情報の通知

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑