*

【125ccと250ccの違い】維持費はほぼ同じ!バイク選びのコツは使い道と排気量で決める

公開日: : 最終更新日:2015/08/06 バイク, 比較・検証系(雑学系) ,

リード110
こんにちわ紫摩です。

皆さんバイクを買われる際に重要視するのが排気量だと思います。
が、実際のところ免許の範囲で選ぶとなると結構迷いますよね。

そこで今回は125ccと250ccに絞って選び方についてお話していこうと思います。

SPONSORED LINK

バイクの排気量の選び方

エンジン左
まず始めに言っておきます。

125ccと250ccに優劣はほとんどないという事。
どちらも一長一短で使用目的や生活スタイルに合わせて選ぶ必要があります。

さて、原付(50cc)じゃないバイクに乗るには二輪免許が必要なのはもうご存知ですよね。
知らない方のために一例を載せてみました。

  • 原付免許・・・50cc未満まで(普通自動車免許に付属)
  • 小型自動二輪免許・・・125ccまで
  • 普通自動二輪免許・・・400ccまで
  • 大型自動二輪免許・・・制限なし
  • ※AT限定二輪免許・・・小型、中型、大型、それぞれのATタイプのバイクに限る。

その中でも今回は『小型自動二輪免許』で乗れる125ccと『普通自動二輪免許』で乗れる250ccの違いを見ていきましょう。

250ccのバイクの特徴

ninja250
普通二輪免許で乗れる250ccの特徴をまとめてみました。

  • 車検がない
  • 高速道路・自動車専用道路を利用可
  • パワー感は十分
  • 車種が多い
  • 任意保険に別途加入が必要
  • 車体が重い
  • 車種が豊富

一言で250ccを表現するなら『いいとこどりのバイク』といいましょうか。
400ccように車検もない上に125ccでは乗れない高速道路や自動車専用道路が利用できるという利点があります。

パワーも車種によってキャラクターや味付けが結構違いますが、概ね不満の無いレベルで加速感は十分。

そして一番のメリットといえば、車種が非常に豊富な事
新車・中古車問わず需要が多いので必然的に車種選びにも苦労しません。

125ccのバイクの特徴

トリシティ
一方、「小型バイク」、125ccの特徴は250ccとどう違うのでしょうか。

  • 維持費が安い
  • ファミリー特約が適用される
  • 車体が小さい
  • 車体が軽い
  • ローパワー
  • タイヤが細い
  • 車種が少ない
  • 高速道路・自動車専用道路が走行不可

125ccで一番に思い浮かぶのは何と言っても維持費でしょう。

別名“原付二種”とも言われ、ファミリー特約保険に加入できます。
これで年間数千円の保険で済むうえに燃費も比較的良いバイクが多く維持費がとても安く上がります。

デメリットは高速道路や自動車専用道路が利用できないのとパワーがないので高速走行には不向き。
主としては通勤通学、買い物や移動手段としての利用がメインになってきます。

利用方法の違いで125ccにするか250ccにするか決める必要があります

利用環境でのバイク、排気量の決め方

yzf-r3_yzf-r25_001
排気量のメリット、デメリットはわかりましたが、では実際どのような方がどのような排気量のバイクを買えばいいのか僕個人的な見解も踏まえてまとめました。

通勤・通学・ビジネスユースがメインの人

ホンダカブ
日常使いが多い人、仕事で毎日乗る人、駅や会社、学校までしか乗らない人であれば間違いなく125ccが便利でしょう。

  • 燃費がいい
  • 車体が軽い・小さい
  • 小回りが利く

125ccはとにかく取り回しがし安いという事が挙げられます
車体重量も100~130kg台が多く、体格にもよりますが片手で押し引きできる軽量な車体が特徴。

車体も小さいバイクが多く、駐輪スペースにも気を使うことが少ないです。
通勤だけに使用する程度の使い道であれば、維持費や車体価格の安い125cc小型バイクがいいでしょう。

維持費や保険料を気にする人

バイク 給油口
先ほどと重複しますが維持費や保険料が安いバイク・・・これも言うまでもなく125ccクラスでしょう。
125ccは鬼のように維持費がかからないバイクなのです。

任意保険の違い
  • 125cc・・・・・年間1万円程度
  • 250cc・・・・・年間3~6万(年齢やプランによる)

125ccはファミリー特約という保険の適用が受けられます。
家族で自動車を所有しているなら125ccもその自動車保険に上乗せで付属させることができます。
車の保険料が上がるという仕組みなので、バイク自体にかけることは無く台数も年齢も関係ありません。(事故での等級の影響もない)

逆に126cc以上のバイクは任意保険を個別にかけなければいけません。
個別に保険をかけるということは年齢や等級の違いで保険料が大きく変わってきます。

126cc以上は月々1万近く支払わないけない場合もありますので、自分の担当の保険会社などで見積もりをしてみてください。

排気量が小さいと燃費がいい

カブ110
物理的に言えば排気量が大きいと一回の爆発が大きい分、それだけガソリンを多く消費します。
125ccは車体も軽く排気量も小さい為、燃費も40~60km/Lと、めちゃめちゃ走ります。

125cc250cc
ホンダ
カブ110(66.0km/L)
ヤマハ
ドラッグスター250(51.0km/L)
ホンダ
グロム(63.2km/L)
ホンダ
CBR250R(50.0km/L)
ホンダ
Dio110(57.9km/L)
スズキ
ST250(48.0km/L)
ホンダ
エイプ100(55.0km/L)
ホンダ
CRF250(44.3km/L)
ホンダ
PCX(53.7km/L)
カワサキ
Ninja250SL(43.0km/L)
カワサキ
KLX125(53.5km/L)
スズキ
GSR250(40.0km/L)
ホンダ
CBR125R(52.5km/L)
ヤマハ
セロー250(40.0km/L)
スズキ
アドレスV125(52.0km/L)
カワサキ
Ninja250(40.0km/L)
ヤマハ
アクシス トリート(46.0km/L)
スズキ
スカイウェイブ(39.0km/L)
ヤマハ
シグナスSR(40.0km/L)
ヤマハ
WR250X(34.0km/L)

ホンダのカブ110は燃費がいいことで有名で、66.0km/L(ガソリン1リッターあたりの走行距離)という超経済的なバイク。(50ccなら100km/Lを超える)

125ccにはホンダ グロム(63.2km/L)やスズキ アドレス110(53.0km/L)など燃費がいいモデルも多い。
ヤマハ ダンディー
ただ、最近のバイクは排ガス規制などもありかなりエコになっています。(特にホンダ車)

ホンダCBR250R(2014)をはじめ、250ccクラスでも50.0km/L以上走るバイクも多いのが特徴。
その分、昔のバイクに比べて過激さは薄れてきているのが現状。

バイクツーリングがメインの人

バイクツーリング
ツーリングと一言でいっても近場から遠距離、宿泊を伴うツーリングまで様々。
近場でも遠距離でもやっぱり250ccが有利になってきます。

高速道路や自動車専用道路に乗れるというメリットもそうですが、一番はやっぱり250ccの動力性能ではないでしょうか。
排気量が大きいとトルクが増すので坂道でもグイグイ上ります。

逆にストレスなく加速してくれる250ccに比べ、125ccは長時間乗っていると非常に疲れてしまいます。

ツアラーというバイク

ZZR250ホーネット
現代のバイク(2015年)ではツアラーやネイキッドというカテゴリーは125cc、250ccでは販売されておらず、中古車で選ぶ方向になります。
ツアラーやネイキッドというバイクは長距離ツーリングにはとても走りやすいバイクなのです。

特にホーネットは18000回転まで回る4気筒250ccエンジン、リアモノサスペンションなど400ccクラスの車格を250ccクラスに凝縮した超人気バイク
その分、中古市場でもとにかく値段が下がらないので、好きな人は検索してみるといいかもしれません。

関連サイト

gooバイク
バイクブロス

バイクでの走りを楽しみたい人

yzf-r3_yzf-r25_004
峠やサーキット、ダート場、ジムカーナなどバイク本来の性能を使いこなして走るのって非常に楽しいもの。

このジャンルを楽しむのに排気量は関係ありません。
それよりも“どのバイクに乗るか”が重要になってきそうですね。

しいて言うならやっぱり車種の多い250ccクラスがいろんな選びができる分有利でしょう
それに250ccならパワー感も申し分ないし高速域だって問題なく出せる。

ヤマハバイク
スクーターもいいけど走るならやっぱりMTのスポーツバイク!

125ccならカワサキのKLX125、Dトラッカー、ホンダCBR125Rなど。
250ccならNinja250をはじめ、YZF-R250やCBR250Rとひとまとめにできないほど種類が多いです。

新車にこだわらなければもっと選択肢が広がる

nsr250
近年のバイクは単気筒化しており走行フィーリングや加速感はマイルドになりつつあります。

バブルの時代のホンダCBR250RRやNSR250、スズキRG250Γなど『レーサーレプリカ』と呼ばれるバイクがあります。
2サイクルエンジンや4気筒エンジンなど走行性能に特化した仕様でバイクブームの引き金になった時代で、今やプレミアが付くほどで好きな人にはたまらないかもしれません。

cb125
ただ、燃費やパーツ代、車体価格などどれも良心的ではないのがつらいところ。

でも新車には無い味やクラシック感、鼓動感、過激なフィーリングというのは今では考えられません。
排気量や維持費、燃費などそういう細かいことは気にせず、好きなバイクを選ぶのも一つの手かなとも思います。

バイクは趣味の乗り物。視野を狭めるより好きなものに乗るのが一番かもしれません

扱いやすいバイクを求める人

cbr125r 走行
扱いやすいバイクとは軽量、ローパワー、コンパクト、足つきなど取り回しに便利なバイクを言いますが、そういう点ではやっぱり125ccが強い。

現代の新型バイクは剛性や強度を考えて重量増しになっている傾向が強いです。

先ほど紹介したレーサーレプリカなどの旧車は、超軽量、低重心で一見扱いやすそうですが、サーキット走行をメインに考えているため足回りも固くエンジンもハイパワーなぶん挙動がシビアになって逆にピーキーで扱いづらくなってしまいます。

ローパワーゆえの扱いやすさ

スーパーカブをはじめ125ccのバイクはそこまで過激なパワーがないので扱いやすく、良い意味で限界を使い切る走りもできます。

押し引きや転倒時に車体を起こす場合などにも軽量なバイクが有利で、倒しそうになっても自分の脚だけで車体を支えられるのは非常に安心できます。
慣れれば250ccの方が走る楽しみは大きいですが、「慣れないうちは小さい排気量から」という理由はそこにあります。

国産4メーカーでの特徴

Ninja250 ライディング
バイクの味付けはそれぞれメーカーによって異なります。

  • ホンダ:経済的、実用的、低価格
  • カワサキ:マニア向け、良い意味で漢くさい
  • ヤマハ:高価、見た目と性能が過激
  • スズキ:好きな人は好き、嫌いな人は嫌い

やっぱり二輪業界ではホンダの独壇場な気がしますが、カワサキNinjaシリーズは人気車種の上位にいつもランクインしています。
選ぶのに迷う時は見た目やメーカー、こだわりで選んでもいいでしょう。

まとめ

125ccバイクとバイクグローブ
というわけで今回はバイクの排気量125ccと250ccの違いと、簡単ではありますが選び方についてお話してきました。

正直どちらがいいというものはありません
どちらも一長一短で、良いところもあればそれぞれに及ばない部分も多々あります。

  • 維持費:125cc
  • 単純にバイクを楽しむ:250cc

パーツ代やガソリン代など、維持費という面では125cc。
走行性能も含めて利用範囲を広げたい場合は250cc以上。

簡単にひとくくりにできないのでこればかりではないですが、迷ったら見た目で選ぶという手もアリかもしれません。

僕的には125ccは面白みに欠けたので250ccを買うべきだったと後悔…

125ccはホントに維持費が安い?

ファミリー特約と言って自動車に付属させる保険が小型バイクの最大のメリットですが、どんな人にでも安く利用できるということではないのです。

僕がよく観ている動画「二宮祥平ホワイトベース」での125ccのバイク保険について。

  • ファミリー特約とそれを使用しない125ccの保険料(全年齢)は800円/月間の差
  • 125ccと250ccの保険料(全年齢)では1680円/月間の違い

誰でもファミリー特約の恩恵が受けられるのではなく、自力でバイクに保険料をかけるのなら250ccとは、月々1680円の差しかないという事。
一例ではありますが、差が少ないのであれば維持費のみでのバイク選びもちょっと考えた方がよさそうですね。

125ccと250cc、バイクの選び方でした!

画像引用元
SPONSORED LINK

関連記事

マフラー

【CBR125Rインプレ】エンジンパワーや加速感など運動性能のレビュー

こんにちわしまです。 CBR125Rの外装からデザインを写真で細かく紹介していますが、エンジン

記事を読む

バイク エンジンオイル エルフ

【バイクエンジンオイル7種類比較】オススメと選ぶポイント、高いオイルがいい物とは限らない

こんにちわ、紫摩です。 エンジンオイルの性能比較をインプレした記事があまり無いので書いてみよう

記事を読む

原付二種ステッカー

原付50ccを二種登録する方法と注意点!ボアアップで黄色ナンバーにするための手続きを詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 50ccの原付を二種登録すればうっとおしい3大縛りから解放

記事を読む

髪の流れと光源

【女性イラスト】塗り方で差が付く3つの方法!フォトショで描き方講座

こんにちわしまです!! 前回の線画編に引き続き、今回はPhotoshop(フォトショップ)でのCG

記事を読む

TT900GP CBR125R

【CBR125Rタイヤ交換】RX01からTT900へ!ツーリングタイヤとのグリップ力の違いと暖まりやすさ

こんにちわ紫摩です。 今回愛車のCBR125Rのタイヤ交換をしに高松のイワサキまで行ってき

記事を読む

ダムカード香川県

【ダムカード香川県まとめ】各ランキングと見どころ!大きさ比較などでダム巡りを楽しもう 

こんにちわ、紫摩です! ダムカードってご存知ですか? 表にダムの全景と裏面には詳細が書かれた

記事を読む

20141013_190033

“デジタル一眼レフvsビデオカメラvsスマホ”動画撮影の画質や音質はどう違うのか?気になる3種類を撮り比べして比較!

こんにちわ、しまです。 今回は”動画撮影の違い”ということで対極にある機種、一眼レフとビデオカメラ

記事を読む

エルリボン PH7 XR100 取り付け

XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずいぶんメジャー化してきましたがま

記事を読む

夜のLEDポジション点灯

CBR125Rポジションランプ交換方法!ミラリードLEDウエッジ球(9000K)の明るさや見た目をレビュー

こんにちわCBR125R乗りのしまです。 手っ取り早く愛車をかっこよくドレスアップできるカスタ

記事を読む

LEDバルブとハロゲンバルブ

【CBR125R】バイク用LEDヘッドライト!ハロゲンバルブとの明るさの違いと光軸や品質レビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です! CBR125RのヘッドライトにLED球を投入しました。(球

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

ゲイルスピード ラジアルマスター ハイスロ
VTR250ラジアルマスターに交換【ゲイルスピード】レビュー!ブレーキの効きもよくなったぞ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRをジムカーナ使用に作っ

PEZ_2076_TP_V4
総務省の『郵便配達の土曜日休み』はデメリットばかり!人件費と仕事の負担が増える

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ニュースで聴いた方も多いと思いま

RX-03スペックR バイク タイヤ
バイアス ハイグリップRX-03スペックRインプレ(ウェットグリップ)雨天でもタイムアップを見込めるタイヤ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイアスタイヤってどうなの?

Green15_jyougi20141123165428_TP_V4
【パワハラの事例、体験談】ブラック企業の実態!鬱になる前に3つの対策を教えます。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ブラック企業やパワハラがまだ

2018グロム
【新型MSX125価格】2018年グロムとの違いは?JC61後期カラーリング比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2016年以降のモデル、いわ

VTR ブレーキ キャリパー
VTR250ブレーキ周りカスタム(4PODキャリパー、パッド、マスターシリンダー考察)制動力とコントロール性

こんにちわ、紫摩(紫摩)です。 ジムカーナ用のVTRのカスタ

ookawa422IMGL8109_TP_V4
尾畠春夫さんの真似はできない!断れる人と断れない人の違い。ボランティア精神は自分のためにはならない

こんにちわ、紫摩(しま)です。 人が困っていると助けたくなる

レイダウンキット Conposimo
新型グロム(JC61後期)足つき対策ローダウン化!Composimoレイダウンリンク取り付け

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日、妻専用のバイクとして新

アンカー モバイルバッテリー
スマホがモバイルバッテリーで充電できない!?原因と対処法。災害時にオススメの急速バッテリーの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 旅先でスマホの電池が少なくな

台風対策 バイク ベルト
【バイクの台風対策】転倒防止の固定方法は?ラッシングベルト(タイダウンベルト)がおすすめ!

こんにちわ、紫摩です。 台風、年々直撃個数が増えているような気が

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    35人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑